いちごノート

頑張るママ&パパの応援団!樹宮いちごの子育て応援ブログ

保育園が決まったら忘れずに!かかりつけ小児科見直しのポイント4点

こんにちは!保育士試験合格者でカウンセラーの樹宮いちご(@15kinoko_tw)です。

来年度の保育園の入園可否がわかる時期ですね。入園が決まった方はおめでとうございます!まだ決まらない方もあきらめないで!二次調整や、認定/認証/認可外/保育ママなど、まだまだチャンスがあります!!望みを捨てないでくださいね。

保育園の入園が決まったら、園グッズの調達、お名前付け等、やらないといけないことがたくさんありますが、是非忘れないでいただきたいことがあります。かかりつけの小児科を見つけておくことです。

え?今まで予防接種で行ってたところじゃダメなの??

予防接種で行っていたところで済めば問題ありませんが、復職を前に、一度点検することをおすすめします!

というわけで、今日は復職後の通院をスムーズにするための、小児科のチェックポイントをお伝えします。

保育園児のかかりつけ小児科探しのチェックポイント4つ

もちろん第一に、信頼できる医師、看護師がいることが一番ですが、共働き保育園ママ&パパとして以下のような点を確認されると良いと思います。

ポイント1: 診療時間がお迎えの後まであるか

特にインフルエンザなどが流行っている時期は、お迎えに行った際に先生から「今日はお熱が高めだったので、明日は小児科に行ってから登園してくださいね」と言われることがあります。この場合、翌朝小児科に行き、保育園に送り、出勤するよりは、お迎えの後にすぐ小児科に行けると良いですよね。もし登園できないとなった場合でも、前日にわかっていた方がお仕事の調整も断然ラクです。予約の取り方も確認しておきましょう。

ポイント2: 平日(保育園に通う曜日)全てカバーできるか

診療時間と同時に、保育園に通う曜日が全てカバーできるかという点でも確認しておいた方が良いでしょう。私が見聞きした範囲ですと、小児科は木曜休診のところが多いように思います。かかりつけ医の休診日に診て貰える小児科も探しておくと安心です。

ポイント3: 保育園に通っていること(親が共働きであること)に理解があるか

登園許可証を書いてもらったり、園で投薬できない場合はお薬を朝昼晩ではなく、朝晩のものにしてもらうなど、保育園に通っていることで生じる手続きがありますので、医師が保育園に通っていることを良く思っていない場合はママ&パパが気苦労することになりかねません。いずれかの保育園の嘱託医になっている先生だと安心ですね。(個人的には保育園に偏見のある医師などこちらからお断りする勢いですけどね…)

ポイント4: 予防接種の受付時間を確認しておく

0歳、1歳クラスのお子さんだと、まだ受けないといけない予防接種がたくさんありますよね。「予防接種を受けたあと、当日はお休みしてください」という保育園が多いです。(副反応で急変の恐れがあるためです。)予防接種の日に、毎回ママ&パパもお休みが取れれば問題ないですが、半休しか取れない、お休みできない場合ですと、午後やお迎え後に受けられると良いですよね。通常診療とは別に予防接種のみの診療時間を設けていることもあります。併せて確認しておくと安心です。(また、インフルエンザの予防接種など任意接種のものは、医院によって価格が異なるので、余裕があれば調べておくと良いかもしれません。健康保険組合によっては指定の医院で接種すると補助が出る場合もあります。)

↓ りんごちゃん(3歳)のお友達、ソランちゃん。些細な病気でりんごちゃんに注射されまくっています。

f:id:ichigo_kinoko:20190129154524j:plain

小児科関連で確認しておいた方が良いこと

小児科関連で確認しておいた方が良いことも書いておきますね。

すいている薬局も見つけておくと安心

私の家の近所の場合、スーパーの隣など、わかりやすい場所にある薬局はいつも混んでいて、酷いと1時間以上待たされることもあります。でも、そこから300メートルくらい離れている薬局はいつもすいています。また、処方箋をアプリなどで送信すると、指定時間までに調剤してくれる薬局などもありますので、探しておくと良いですね。

自治体の病児保育制度も確認しましょう

本当は、病気の時くらいママ&パパがお休みしてお子さんと一緒にいられるのが一番だと思いますが、現実には難しいこともあります。ママ&パパもお子さんと一緒に病気でダウン…ということもあり得ますので、民間の病児保育サービスを利用するかどうかはさておき、ひとまず自治体の病児/病後児保育の利用方法は調べておくと安心です。事前に利用登録が必要な場合がありますので、今のうちに登録しておきましょう。


今日は復職に備えての小児科選びのポイントをお伝えしました。なるほど!と思ったら、シェアしてくださると嬉しいです。

新入園児さん、ママ&パパが、安心して復職の日が迎えられますように。