いちごノート

頑張るママ&パパの応援団!樹宮いちごの子育て応援ブログ

お風呂に入りたくない!!イヤイヤ期のこどもが入浴を渋る時のアイデア

こんにちは!保育士試験合格者でカウンセラーの樹宮いちご(@15kinoko_tw)です。
突然ですが、お子様がお風呂を嫌がってなかなか入らないこと、ありませんか?

寝る時間は遅くなるし、湯船のお湯は冷めてしまうし、憂鬱ですよね。

今日は、私が実践して、お風呂のイヤイヤに効果があった対処法を2つお伝えします!

対処法1、2とも、お子さんによって向き不向きがありますし、毎回100%通用するわけではないですが、簡単で手間もかからないので是非お試しくださいね♪

対処法1: 「今日はお風呂で何して遊ぶ?◯◯?それとも××?」

「お風呂ヤダ!入りたくない!!」と言われたら、ひとまずスルーして「ねえねえ、今日はお風呂で何して遊ぶ?◯◯かな?それとも××??」と聞いてみてください。
“◯◯や××の”部分は、お風呂でいつも遊んでいるおもちゃや、しりとりなどお風呂でできるお子様が好きな遊びを入れてくださいね。


「お風呂で◯◯しようよ!」ではなく、複数提示して選ばせることで、「自分の意思で今から楽しいことをするんだ」という意識になり、お風呂に入るのを渋っていたことを忘れてしまいますよ。

対処法2: 「今日は特別に、お風呂に△△を連れて行っていいよ」

対処法1でいつも使っているお風呂のおもちゃを複数提示してもダメな場合、特別なおもちゃの出番です。「特別」は子供も大人もワクワクするキーワードですよね!

「特別なおもちゃ??お風呂用にそんなの用意できないよ」と思われたかもしれませんが、新たに用意する必要はありません。普段お部屋で遊んでいるおもちゃで、お風呂に入れても平気なものを「今日は特別にお風呂に連れて行ってok」にするのです。スペシャルな演出で気分が変わってお風呂へダッシュしてくれますよ。

「シールの貼っていないおもちゃなら、今日は特別にお風呂に連れて行っていいよ。どれにする?」など、自分で選ばせる聞き方も良いですね。

f:id:ichigo_kinoko:20190115153950j:plain

我が家のりんごちゃん(3歳)の場合は、小さなお人形を連れて行くことが多いです。


お風呂に置きっ放しにしてしまうと特別感が薄れてしまうので、必ずお部屋に持ち帰るのもポイントです。

 
なるほど!と思われたら、シェアしてくださると嬉しいです。

今日も楽しいお風呂タイムになりますように!